日本機械学会関西支部 2017.8.1公開

  関西支部会員各位                      

一般社団法人日本機械学会 関西支部
 

2017年度「サロン de 関西支部」開催のお知らせ


 関西支部幹事会では、昨年度、新たな企画として、9月度の商議員会に併せて「サロン de 関西支部」を開催しました。
今年度は、大型の国家プロジェクトとして広く国民に知られている宇宙開発をテーマとし、長年にわたり、国際宇宙ステーションの「きぼう」モジュールの開発に従事され、現在は、その運用に従事されている福田信彦氏を講師に迎えて、下記のとおり開催することになりましたのでご案内申し上げます。
 奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

 個人会員の方は無料で聴講していただけます。座席数に限りがありますので、参加ご希望の方は、事前に関西支部事務局(E-mail: info@kansai.jsme.or.jp, TEL: 06-6443-2073)までご連絡ください。

記 

2017年度「サロン de 関西支部」   

と き  2017年9月19日(火)14:30〜16:30
ところ  大阪科学技術センター 8階 中ホール
  〔大阪市西区靱本町1-8-4/電話(06)6443-5324
  地下鉄四つ橋線「本町」駅下車28番出口より北へ400m,靭公園北側〕
  http://www.ostec.or.jp/ostec-room/html/access/access.html
題 目 「日本の有人宇宙開発について」
概 要 国家威信をかけた米ソの競争から始まった有人宇宙開発は、現在では世界16ヶ国が参加する国際宇宙ステーション(ISS)によって国際協力の象徴とも言えるようになった。一方で、最近の中国の台頭、民間企業による火星探査計画等、話題には事欠かない。本講演では特に日本の有人宇宙開発の歩みと今後の方向性について報告する。
講 師 有人宇宙システム(株)  福田 信彦 氏
 
聴講料 無料
※商議員以外でも、個人会員の方でしたら無料で聴講していただけますが、
 座席数に限りがありますので、事前に事務局までご連絡下さい。

 
以 上

 


関西支部ホームページ